星野源に惹きつけられた彼女達は、なぜ星野源を選んだのか?

Capture

2016年10月11日から、TBS系で放送が開始されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にも出演している星野源さん、病気を克服し、人気もどんどん高まっていて、仕事の方も好調のようです。

 

今回の記事では、星野源さんの歴代、そして現在の彼女についてや、病気はもう大丈夫なのかどうかといった情報をまとめていきます。

 

まずは、星野源さんの彼女について見ていく前に、一体どんな人物なのかご紹介していきましょう。

 

星野源の人物像

星野源

1981年1月28日生まれの35歳非イケメンなのに絶大な人気があると言われていますが、その理由についてものちほどご紹介していきます。

 

埼玉県出身で、非常にのんびりとした田舎のような場所で育ったそうですが、なんと、中学1年生から、演劇活動&音楽活動を行っていたという早熟な少年だったようです。

スポンサーリンク
[ad#ad-1]

星野源さんの肩書は様々なものがあり、マルチタレントと言われていますが、文筆家、シンガー・ソングライター、俳優と幅広い活躍をしています。

 

音楽業では福山雅治さんも所属しているアミューズ、そして、俳優としては「大人計画」という松尾スズキさんが主宰している劇団&芸能事務所に所属しています。

 

2000年10月に、音楽バンド「SAKEROOK」を結成し、リーダーとなってギターとマリンバを担当しています。

51Eke33ihwL

2010年になると、細野晴臣さんのススメでソロデビューをし、活動をしていました。

 

本人が明言しているそうですが、アニメが大好き、ラジオ番組などでは、アニメやゲーム関連の音楽を流したり、自分がやってみたゲームや視聴したことがあるアニメについても言及しています。

 

所属している音楽バンドのPVなどは、ほとんどが星野源さんが監督となって作っていて、音楽では、サザン・オールスターズのファンであることも明言しています。

 

これまで、才能がないと関係者からも言われてきたという星野源さんが、2017年現在何故これほどまでに人気があるのでしょうか?

 

正直、身長は167cnでスタイルが良いというわけでもなく、イケメンと言うわけでもない、どちらかというと「普通」といった印象が強いのですが、個人的には彼の歌声が非常に心地良く感じるのですが、あなたはどう思いますか?

 

星野源さんの知名度が一気に爆発したのは2016年「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマで準主役を演じ、主題歌の「恋」の中で生まれた恋ダンスがかなり影響力をもっているのかなと思っています。

download

もちろんこの人気を牽引しているのは、芸能界で10年ヒロインを務めている新垣結衣さん力と魅力もありますが、実は星野源さんを支える女性ファンの力も関係していると言われています。

 

御存知の通り、このドラマの原作は漫画で、内容もかなり良いことも、視聴率が良い理由になっているとは言われています。

 

そして、やはり星野源さんの魅力が、多くの人を惹きつけているとも言われているのです。

 

一見草食系男子に見えるのですが、実はかなりの行動派&自由な感性で様々な人たちとの異例のコラボなども気軽に行なう、非常に柔軟性の高い精神性を発揮して、才能がないと言われながらも活動の幅を広げていけるように、自ら動いて仕事を取ってくるほど実行力があるといいます。

 

さらに、周囲の人はとにかくリスペクトし、笑わせる立場で現場の雰囲気を和ませ、気さくで主張しないので、また仕事がしたいなと感じてもらえる面があるようです。

Exif_JPEG_PICTURE

すでに書いたように、中学時代に演劇と音楽活動を同時に開始したのですが、その後さまざまな人達から「一本に絞れ」と言われて続けてきたのですが、自分がやりたいと感じているその気持に素直に生きるために、誰に何を言われても、星野源さんはこの2つの活動を行い、現在では文章の才能はないよと言われていたにも関わらず、エッセイなども担当するようになったのです。

20170111002042

一般的には、何か一つのことに絞ってそれを続け、その世界で才能を開花させていくというやり方を多くの人は選択するのですが、星野源さんはその逆をやり続けながら、35歳まで走り続けていったのです。

 

全てに対して才能がないと言われてきたにも関わらず、これらのやり方が、結果的に現在の活躍に繋がっていったという見方も出来るので、一般的にはという言葉は甘い罠だと気をつけたほうがいいのではないかと思います。

 

そして、同じ事務所の先輩である福山雅治さんも得意とする下ネタも、星野源さんは上手に活用し、ライブやラジオ、執筆活動などで活かして親近感を持ってもらえるキャラクターで多くの人から支持されているようです。

 

人間性が非常にファンを惹きつけている、これが星野源さんの魅力になっているようです。

 

星野源の歴代彼女達

 th

人物像が分かったところで、星野源さんの歴代彼女の情報を見ていきます。

これまで、歴代の彼女として名前があがった人物は、次の人たちになります。

 

なんとなく《熱愛》という言葉が似合わない感もある星野源さんですが、調べてみると、数人の女性の名前が挙がっていますのでお伝えしたいと思います。

 

まず、一人目の彼女は、女優の夏帆さん

 

2

映画『箱入り息子の恋』で共演し、息の合った演技と濃厚なキスシーンなどで、本当に交際していてもおかしくないと話題になりました。

しかし、実際に交際していたかといえば、そうでもなさそうです。

 

わざとなのか、天然なのか、映画の宣伝のために星野源さんが「夏帆さんと結婚します」と言った言葉が、一人歩きしてしまったのも原因のようです。

 

 

お二人目の彼女は、NHKアナウンサーの有働由美子さん

有働さんが、NHKの『LIFE!~人生に捧げるコント~』を観ていたところ、突然星野源さんが「有働さんとデートをしたい、温泉で壁一つ隔てて話がしたい。行くぜ有働さん!」と言ったことがきっかけ。

これもわざとなのか、天然なのか、それとも狙って言ったのか?

3

 

また、それに応えるように有働由美子さんも、星野源さんとのデートを妄想してなのか、「源さんなら、混浴でもいいです」なんて返したところで、話題になりました。NHKの放送を挟んで何をしていることやら。

まあ、こちらは単なるご愛嬌程度の噂ということですね。

 

前述の二人に関しては、噂の段階、話題づくりのようなものでしたが、今から挙げるお二人はかなり信ぴょう性の高い方々です。

果たして、現段階ではどのような関係になっているのでしょうか。

スポンサーリンク
[ad#ad-1]

まず最も気になる方が歌手のaikoさんですね。

4

 

結婚間近という噂もあったところでの、突然の破局報道。

同棲までしていたことは、ファンも公認のはずでした。

星野源さんが療養中のときも、aikoさんが献身的に支えたとも言われていました。

 

しかし、女優の二階堂ふみさんとの関係が二人を破局に追い込んだともいわれています。

5

 

 

お二人は、園子温監督の映画『地獄でなぜ悪い』の共演で知り合いました。

その後、急速に仲が良くなりますが、二階堂ふみさん側の事務所からは、交際の否定、「仲の良い友人の一人」とコメントを発表しました。

 

二階堂ふみさん自身は、星野源さんのファンであることを公言し、『源様』と呼ぶそうで、プライベートで星野源さんのライブに行くなど、ファンの間では知れ渡っています。

 

しかし、二階堂ふみさんは、その後、俳優の新井浩文さん、菅田将暉さんとの熱愛報道が出るなど、交際相手というよりも、星野源さんのファン的な存在であるのかもしれません。

 

その後、aikoさんとの復縁があったとの噂も流れましたが、確実な証拠はとれていません。

果たして、現在の星野源さんの熱愛相手はだれなのでしょう。

そして、aikoさんとの関係はいったいどうなっているのでしょうか?

 

aikoさんの結婚適齢期としては、女性としては遅くなってしまったかもしれません。

若いころは、TOKIOの国分太一さんとの交際も承知の通りです。

しかし、お二人の破局後国分さんは結婚されました。

 

aikoさんにも星野源さんという、素敵なパートナーができたと思えば、破局。

復縁したとの噂もあったりしましたが、その後の進展は見受けられません。

 

 

星野源の彼女まとめ

20161116_hoshinogen_20

自身の闘病生活を支えてくれたaikoさんと幸せになってもらうことが、本人たちも、そしてファンの人たちも願っていると思います。

 

命に関わるほどの闘病生活を乗り越えられたのも、aikoさんあってのものかもしれません。

いちファンとしても、できれば星野源さんとaikoさんが共に幸せになってもらいたいものだと思います。

ご本人たちの気持ちを確かめずに、言いにくいことではあります。

でも、星野源の人柄から受けられる印象はとても良いものです。

これからの発展、これからの恋。

どうなるかはわかりませんが、この先、どんな恋ダンスを見せてくれるのでしょうか、それはそれで楽しみでもあります。

7

 

 

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ